2015
06.25

ちばき屋、旬味屋サンタ@葛西

仕事帰り、梅の受け渡しをするために葛西駅に降り立つ。
2キロの立派な梅を無事手にして、ダンナを待つ。
今日はここで待ち合わせ。
普段行かない場所に行ったら、食べログをぐぐるのは条件反射のようなもの。
食べずには帰れません。

2軒目に行く店を予約だけしておき、まずは腹ごしらえ。
お初のちばき屋さんへ急ぎます。
ダンナが前に何回か来たときは、いつも並んでいたというので覚悟してましたが
平日夜はそこまでの混雑ではないよう。



支那そば730円なり。
ダンナの注文したこちらは醤油味です。
チャーシューにメンマという、シンプルさがよいです。



私は同じ支那そばの塩味を。
麺がちぢれているのが、とっても好み。
本当はこのお店が発祥という半熟卵のトッピングをしたかったけど
今回ははしごだから断念したのです。
もしも海老ワンタンに肉が使われていないのなら、次は絶対に海老塩ワンタンそば
(930円)に半熟卵トッピングをしなくちゃあと思いました!



葛西駅方面に戻りつつ、住宅街を歩くこと10分。
次の店は「旬味屋サンタ」さん。
店名だけ見たら、何の店かさっぱりわからないところですね。
日本酒を多く置いているそうで、ちゃんと杉玉がかかっていましたよ。



まずはお通し(3種)と、「ばあばのしおから 380円」
店主さんと、お母様のおふたりでなさっているお店ですが
平日の夜7時半ごろとあって、お客様はまだ常連らしき男性おひとりだけ。
手作りのしおからはものすごい旨みがあって、日本酒のあてには最高。



ふたりで感嘆したのが、「青森のひらめ刺 700円」です。
もう季節が遅いけど。。。と出してくださった刺身は、寝かせ加減が素晴らしく
もっちりした身がとてもいい味出してる。
争うように食べてしまったわ。



「いわしのなめろう 680円」は、みょうがなどの薬味をうまく使ってあり
お味噌は八丁味噌なのかしらん。
うちでダンナが作ってくれる、よおく叩いたものとは違うタイプ。
お料理はどれも美味しいわあ。



お酒は半合ずつ飲めるので、次々味見したい私にはありがたい。
1合だと、だんだん飽きてきちゃったりするし。
富久長さんと、美冨久さんからそれぞれ1本飲む。



あとは店主さんにおすすめをいただいてました。
好きなタイプや、飲みたいものをいうと、料理にも合わせ選んでくださる。





静かで、まったりと飲むにはいいお店。
唯一気になったのはグラス。
すべてではなく、一部だけなんだけど。。。
瓶から注いだ仕込み水や、日本酒に問題があるとは思えないので
これはグラスの問題なんだろうな。。。

お会計を済ませてお店を出ると、お母様が後ろから声をかけてくださり
かごに入ったキャンディをくださる。
「しおから、とってもおいしかったですよ」と言うと、少女のようにはにかんでらして
なんて可愛らしいおばあちゃまなのかしら。
ファンが多いのだろうなあ。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top