2015
07.11

LAB and kicthenのイベント

Category: ■雑談
去る6月23日。
沖縄の誠平さんが、東京にいらしてるという。
しかも楽しそうなイベントに参加されるって、これは是非ともいかなくっちゃ~!
6時に会場に着くと、ビルの下にはもう行列ができており、私も慌てて並ぶ。


この日お店を出すのは、こんなひとたち。
「ブーランジェリーレカン」 割田健一さんの遊び心あるパン
「パーラー江古田」 原田こーじさんのおっきく焼いたパンとチーズ
「サルメリア69」 新町アニキのエロうま生ハム
「日本クラフトビール」 この季節にぴったりのクラフトビールを樽生で
「ワインショップフジマル」 変態ワインカヴィストとゆっきーによるワイン

エレベーターであがったその足で、「テコナベーグルワークス」さんの
まずは持ち帰り用のベーグルを3個確保ですっ。
1個300円でしたが、本当に美味しかった。
「もちもち青カビチーズ・クミン・甘はちみつクリーム」
「ふかふかアンチョビオリーブ」と、もうひとつ塩レモンクリームのを買いました。



ダンナがグラスシャンパーニュを買うのに並んでいるうちに
私は誠平さんのブースに。
TIMELESS CHOCOLATE」さんとのコラボ商品がいろいろ~。
チョコのアソート(お試し)が食べたくって、買っちゃった。
北谷でカフェもされてます。私も9月には立ち寄ってみたいなあと。



この日はコーディアルとケーキ(ウィークエンド)のセットも販売してらした。
コーディアルはいろんなバージョンがあるのだけど、今回のもどんなお味か
味わうのが楽しみで仕方ない。



このケーキの美味しかったこと!!
とろりとかかったリリコイバターの風味と酸味に思わずうなる。
奥様には料理の魔神がついているに違いない。
同じ素材を使っても、普通のひとには決して出せない味。



シャンパンで割ったり、炭酸水で割ったり、飲み方は工夫次第。
自宅でいろいろ試すのも楽しいですが、どうしても誠平さんで飲む味には及ばない。



私はお店で買うと半年待ちであるというリリコイバターが一番の目的で。
名護産のパッションフルーツ、久高の卵、伊是名島のきび糖、高千穂バター
大三島三オーガニックレモンなどの厳選された材料で、1瓶に使ってるパッションフルーツは
9~10個と贅沢なもの。
ハワイ島に行った時、リリコイバターにはまり、ずいぶんたくさんの種類を持ち帰ったものだけど
こんなにフレッシュなものは初めて。



てっきりサラミだと思って買ったのは、なんとお菓子だった!



北イタリアの伝統菓子だそうで、チョコの中にナッツやクッキーなどをちりばめたもの。
もちろん誠平さんのオリジナルレシピ。美味しくない訳ないのだ。



このパンケーキミックスは、とっときの休日にあけるんだ~!
眺めてはにやにやする日々。



30分もすると会場は異様なひとごみで。
椅子を確保して、ケーキを食べていた私たちですが、すでに生ハムは
1時間待ちくらいの行列ができており、ほかの店も食べ物にありつくまでは一体。。。
という感じで大混雑してました。
目当ての生ハムが食べられないなら退散しよう~と、さっさzか逃げ出しました。
一番欲しかったものは買えたしね♪
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top