2015
07.13

神保町 傳さん

すっごい久しぶりに訪問する。
前に伺った時は大雪で、大阪のお友達と一緒だったなあ。

のっけからフライ、贅沢にも鱧なんである。
調理するのはお手間だろうが、鱧ってどういう調理法でも美味しいなあ。



とうもろこしの甘みが印象的だったこのお料理。
醤油たれとウニ、すべてが一体となって絶妙に奏でるハーモニー。



傳さんと言えば定番傳タッキー(笑)。
私にはこちらのお魚が来ました。
皮をあぶった金目鯛は絶品で、半分ダンナにあげたのですが
「俺もあれが一番旨かったかも。。。」と言っておりましたわ。



これまた最高の鰹。
あぶり加減といい、薬味とのバランスといい、素晴らしいの。



続いては鮎。
肝を使ったペーストが苦みがあり、旨味もあり。
添えてあるパンに付けたら、これは日本酒が欲しくなるわねえ。



毎回感心するサラダ。
定番なのにその時々の季節の野菜が入り、飽きないのよねえ。
花びらの上には蟻さん。初めて食べたけど、酸味がくせになりそう。



これはスペシャルな一皿で、傳さんに修行に来ている方が作ったもの。
北欧でよく食べられているニシン料理をアレンジしてみたのだそう。
ニシンのかわりに使ったのはアジ。
軽~く〆て、デイルでアクセントをつける。
卵とじゃがいもと一緒に食べてみてと言われて、その通りにすると
お料理の見た目からは想像もつかない感じよ(笑)。
インカの目覚めを揚げて、中身をくりぬいてマッシュしてまた詰めてある。
私的にはもう少し酢が効いていてもよかったかなと。



ほかのひとがお肉出ていた時に、私はスッポンのスープでした。
そろそろギブだったので、ちょうどよかったわ。



土鍋ご飯は、ポルチーニご飯ですよ~。
中身を見えてくださった時に、一同「おおお」とどよめく。



軽く、ほんの1杯だけ頂戴しました。
(残りはおにぎりにして持たせてくださいました)
コースの〆にあわせて計算して炊きあげる熱々がまずいはずなし。
茸の芳香にくらくらしました~。



デザートはさっぱりとしたもの。
えらいこときらきらして美しい。
しそとルバーブを使いアマレットとラムで風味付けしてあるの。
これなら文句なしに別腹だわさ。



やっぱこのお店のホスピタリティとくつろぎ感って独特。
長谷川さんや一緒に働いているお店の方はどなたも、気負うところなく
常に笑顔でなごませてくださるの。
素敵な店だ。
英語がおできになるので、段々来店される外国の方多くなっているそうだ。
中にいらっしゃる方もカナダやフランスから勉強にこられていたり。
これから年月を経て、どんなお店に変わっていくんだろう。

この日は4人でうかがい、ワインを3本プラス日本酒も飲んだので
大満足でした。遠慮なく飲んだので、お会計は少々大変なことになり(笑)
ふたりで44,000円也。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top