2015
08.19

8月8日(ホテル利尻)

ホテル利尻のお部屋は、旧館である朝日館。
エアコンなしとのことだったけど気温20度とかだもん、まったく不要でした。
お盆でしたが、利尻礼文の観光シーズンのピークは6月なので、宿泊客はそんなに
多くはありません。
だからか、少し広めのお部屋をくださいました。



和室で布団、久しぶりかも。
町営だけど、ちゃんとお布団のあげおろしサービスもありました。
テレビは小さめだけど、あんまり見なかったな。



名物昆布を使った飴ちゃん。
無理矢理チョコやはちみつとコラボしなくてもよいのではと思う食感と味。



夕食・朝食ともに、時間はずいぶん幅がある。。。
多分そうだろうと思ったとおり、食堂に行ってみると、ほぼすべての料理が
セッティングされているというアレですよ。



一見、予想を裏切らない感じのお料理。
が、しか~し。
出ているお料理ほぼすべてがちゃんと手作りなんである。
見かけよりも(ゴメンナサイ)全然美味しいのよ。
宿のレビューを信じてよかったなあ。



【6/11~8/20限定】夕食アッププランというので申し込んでました。
ボタン海老も、ホタテも大変よいのだ。
特にホタテなんて、殻から剥いたばかりみたいに甘いの。



これを食べにわざわざ来る価値があるかと。
生も、土瓶蒸しも、利尻のウニの素晴らしかったこと~。
前に積丹で食べたのがかすんでしまったくらい。



ホッケを煮付けにしたのは初めて食べました。
干物を焼いたのか、燻製しか口にする機会ないもの。



小ぶりながら蝦夷アワビなども出ました。


ごはんが早かったので、お部屋に戻ってからつまみで一杯。
千歳空港で買った「電化焼き」という余市で売ってるイカ。
(※これは生っぽくて、真空パックから出した後は冷蔵保存しておかないとだめだったわ)

モッツァレラチーズを食べたいけど、オリーブオイルも塩もないので、どうしようと。
そしたら、お茶セットの中に粉末昆布茶を発見した私。
「これで食べてみっぺよ~」と挑戦しましたが、昆布茶ではいまひつとでした(笑)。
チーズ自体は大変美味しいのよ。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top