2015
09.01

8月11日(ニセコ道の駅、ルピシア)

千歳空港のタイムズレンタカーで借りた車は、48時間借りて9400円だった。
4月の中旬に楽天経由で予約した「早割り55 北海道 夏先取りキャンペーン」って。
免責保険料込みでこのお値段だったので、お盆の北海道と考えれば、安く済んだかも。
予約はC1Gクラス(ベーシック・ガソリン)乗用車/コンパクトで、車種はまあマーチや
デミオとか1300CCあたり。
今回はSUZUKIのソリオという車に初めて乗った。
ワゴンタイプなので車内広々、荷物も余裕で積める。
後部スライドドアが電動だったので、楽ちん~。
視界が広いのと、運転席が高めなので、ダンナは運転しやすかったそうだ。



朝ごはんを食べてまず向かったのは、前回も行った道の駅。
野菜が半端なくたくさん出品されていて、どれにしようか目移りばかり。
この時期はメロンを買って送るひとが多かったな。
野菜は夏野菜ならなんでも!
北海道ならではですが、まだ新玉葱があったので、嬉しくかごに入れたり。



ぜいたくトマトっていうのがあったので、一箱まるっと買いましたわ。
それと、札幌のお友達のうちに遊びに行く時に、モッツァレラとあわせるための
3個入りも。



この道の駅のいいのは、お会計済ませたカゴと、宅配便の伝票を持ってくと
係のひとがあとで箱詰めして、送ってくれるとこ。
かごを渡して、宅配料金を払えばおしまいな手軽さ。
わたしたちは利尻昆布の大袋と、干し椎茸を同梱してもらいました。
あれ、かさばるんだもん。
クール便で送ってよいものなら、道の駅で買った物でなくても一緒に箱詰めして
くださるから助かるわあ!



ニセコの町のあちらこちらでみかけた、アートな牛。
コンテストでもしていたのかな?





それから向かったのはルピシアさん。



普段は買う機会のないお茶を、試飲してから買えるからいいの。
香りを嗅ぐだけじゃわからないし、飲んでみないと実際のところはね?



スペインの蜂蜜カモミールティーを毎回たくさん買ってくれる会社のひとに
ニセコ限定のコロボックルをお土産にしました。



ルピシアでは会社の女子にあげるティーバッグを前に買ったので、今回も
そのつもりでいたのよ。
それが、パッケージのリニューアルとかで、今ニセコ限定のどのお茶も
缶か、4~50グラムの袋入りしか売ってないじゃないの~。がっかりんこ。。。
ちなみにニセコ限定茶は以下の6種類。
●ニセコ NISEKO
 ルピシアのシェフが考案した、どんな食事とも合うブレンドティー。
 厳選した紅茶とプーアル茶による、心地よい後味をお楽しみください。
●ヤウー YAWOO
 新鮮なミルクとヨーグルトの香り。
 金平糖で雪の結晶を、アラザンでダイヤモンドダストをイメージした紅茶です。
 ミルクティーにもおすすめ。
●コロボックル KORPOKKUR
 北海道特産の果物、ハスカップとラベンダーの香り。
 甘酸っぱくみずみずしい飲み心地の紅茶です。
 コロボックルとはアイヌ語で小さな妖精を意味します。
●ヴァージンスノー Virgin Snow
 清らかな新雪をイメージした紅茶。
 バニラと花のふわりとした香りが繊細な余韻を残します。
●北海道ロイヤルミルクティー Hokkaido Royal Milk Tea
 北海道のミルクをイメージし、コクのある紅茶に香りづけ。
 濃厚なロイヤルミルクティーで優雅な気分に。
●ダイヤモンドダスト DIAMOND DUST
 今では幻と言われる北海道産の最高級ミント、和種薄荷を緑茶にブレンド。
 白銀のようにきらめく茶葉、澄み渡る清涼感と上品な甘みの余韻をご堪能ください。

(写真はルピシアさんよりお借りしました)


ホテルと真狩村を結ぶ道路脇に、それは見事な見事なひまわり畑が。
この日はドピーカン、とまではいかなくても、それなりに晴れた日だったので
黄色いひまわりが余計にくっきりと色鮮やかでしたわ。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top