2015
09.11

2015年8月14日(行列ホットク、焼魚通り)

イビスアンバサダーからは、無料のシャトルバスが出ていて。
私が8月に探した時には、ホテルのHPへの記載はなかったと思う。
タイムテーブル載せときます。



明洞、南大門、市庁、光化門などをまわるので、大変便利。
最大8名まで乗れ、予約も特には必要ありませんでした。



まずは南大門で下車し、てくてく歩いた先はゲート2。



多分南大門で一番行列のできる店じゃないかい。
売ってるのは野菜のホットク。



奥にある春雨と野菜の具を、小麦粉の生地(ぺったぺたに柔らかい)に包み
泳げるほどにたっぷり入れた油で揚げ焼きしてく。
あつあつのそれをほおばりながら歩くのは最高。
実物がどんなのかというのは今回撮り忘れたので、こちらを。


このあと、明洞へ歩き、朝からマッサージをしました。
客引きのひとに連れて行かれた店は、なんと前回とおなじとこ。
いろいろすすめられましたが、ひとり18000KRWのコースで充分満足です。
そしてロッテデパートに行き、コスメ類をがっつり購入しました。
次にソウルに行くのは1年後だから、買いだめしとかないと。


今回 T-moneyカード(スイカみたいの)を忘れてきてしまい
仕方なく1回ずつの乗車券を買ってました。
あんまり地下鉄移動はしなかったけど、空港への往復もあわせて4~5回は
乗ったかしら。



1回ごとでも、紙の乗車券ではないので、いちいち保証金がのせられる。
この機械で払い戻すのですが。



やってきたのは東大門。
焼き魚通りがあるというのを読んで以来、一度来たかったのよね。
狭い通りですが、ほんとうに焼き魚だらけ。



鯖とかイシモチとか、太刀魚とかいろいろ。



奥の方には、「犬」を食べさせる店も2軒ほどありました。
店頭に置いてあったこれは、犬なのかな?
中国の雲南省に行った時もたくさん見たので、さほど抵抗はない。
ああ、文化の違いだなあと思うだけ。
私は肉は食べないけど、別に宗教上や思想があってのことではない。
ただ「食べる」でも、「皮を利用する」でも、苦痛や恐怖がなるべくないように
配慮してほしいとは思う、どんな動物でもね。



適当に入った1軒。
最近「テレビが来た」とか「雑誌の取材を受けた」的なこういうのを貼ってる
店がとっても多くなったなあ。



美味しそうなおかずが運ばれてきました。
ビールを飲みたかったけど、ないって言われた。
ダンナ、歩いてそれになりに汗をかいてたので残念そう。



私はチョギ(いしもち)、ダンナはカルチ(たちうお)にしました。
1皿に仲よく盛られてきたので、シェアできてちょうどよかったかも。



黒米の入ったごはんとおみそ汁がとっても染み渡る。
食堂の何気ない食事に大満足ではありますが、お会計は2人で15000KRW。
ソウルの物価も一昔前よりずいぶんあがったなあ。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top