2015
09.30

大丸地下、蕎麦處笹屋

Category: ├国内小旅行
一度はじかに見てみたかった神社へ行き、気も済んで。
タクシーを拾って、大丸に行きました。
京都でも最近安保法案関係のデモが多いらしく、ドライバーさんは
「大渋滞になるから勘弁してほしい。。。」と困り顔でしたが。

大丸の地下で買ったのはかまぼこだけ。
錦市場にお店がある丸常さんが入っていました。
人気No1だというピリ辛ゴボー天は1個180円也。
縦に割ったゴボウがメインで、練り物はゴボウをくっつけるためだけ的な。
結構なボリュームですわ。



あとはてんぷらの詰め合わせに、あんぺいか魚そうめんを組み合わせて
800円(税込)というセットを1つ。
ダンナがあんぺいが食べたいというので、買ってみた。
あんぺいは白身魚のすり身をやわらかく練って 蒸しあげたものなんだそうで
ふわっふわなの。
本わさびをすったものを添えると、大層美味しかったですわ。



さすが京都のデパート。
鱧もえらいこと沢山並んでました。
落とした首を添えるのは、関東ではまず見たことがないので、おもろいな。



そろそろどこかでお昼を食べましょか~とぐぐってみる。
ホテルに帰る方向にお蕎麦屋さんがあったので、行ってみることに。
ここは通りがかった和食店。
路地の奥で狸が手招きしてるみたい。



蕎麦屋は『笹屋』さん。
予約なんかはいらないでしょうと思ったけど、店内を切り盛りされている女性が
ひとりだけなので、大忙し。
案内して、注文取って、配膳して、お会計して、片づけて~をひとりではそりゃ
大変だろうなあ。



ごはんものとのセットもあったけど、時間を気にしつつの私たちは盛りそばを
頼みました。並で700円、大で800円也。
蕎麦の端境期だから仕方ないよとダンナは言ってましたが、ううん。
つゆはともかく、味も素っ気もない蕎麦だなあというのが私の感想。
訪問時の食べログは3.52でしたが。
大を頼むと、最後のほうつゆが足りなくなる。。。
つけすぎなのだとダンナに言われるが、せっかくの蕎麦湯がちょっとしか
楽しめなかったのが残念。



路地を抜けたら、昨日の晩最後に訪問した『ニュー烏丸』さんの横に出た。
昨日の夜写真を取り忘れたからちょうどいいのだ。



ホテルで貴重品やスーツケースを取り出し、タクシーに乗りました。
新幹線の八条口につけてもらいましたが、到着と同時に伊丹へのリムジン
行ってしまいました。
バスの車内でもチケットを買える仕組みならいいのにな。
自販機まで走る時間はありませんでした。


たった1晩+お昼までの京都滞在でしたが、あまりに急に決まったもので
なんの予定も立てられず。
でも気の向くままぶらぶらするのが、逆にとても楽しかったなあ。
関連記事
スポンサーサイト

back-to-top